« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月30日 (土)

27巻 寛喜二年(1230)正月大二十日癸未

大炊助北条六郎有時が、箱根・伊豆両権現へ幣を納める代参として出発したそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

27巻 寛喜二年(1230)正月大十七日庚辰

晴れです。竹御所が、方角変えのため、駿河入道行阿中原季時の家へお出でになりましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

27巻 寛喜二年(1230)正月大十六日己卯

将軍頼経様は、箱根・伊豆の両権現への詣での精進潔斎始めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

27巻 寛喜二年(1230)正月大十五日戊寅

時房さんの屋敷から帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

27巻 寛喜二年(1230)正月大十四日丁丑

将軍頼経様は、方角変えのために相州北条時房さんの屋敷へ入りましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

27巻 寛喜二年(1230)正月大十日癸酉

雨降りです。将軍頼経様は鶴岡八幡宮へお参りです。相州北条時房さん・駿河守北条重時・陸奥四郎北条政村・大炊助北条有時・駿河前司三浦義村・中条左衛門尉以下がお供をしました。」
竹御所はのお出かけ始めは、泰時さんのお屋敷へ入りましたとさ。」 
鶴岡八幡宮から帰った後、御馳走のふるまいがあり、その後、弓始め式です。
 一番が、結城七郎朝広  対 本間太郎左衛門尉忠貞
 二番は、岡部左衛門四郎 対 吉良次郎
 三番は、横溝五郎資重  対 内藤左衛門六郎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

27巻 寛喜二年(1230)正月大八日辛未

「来る14日は、方角変えの為に、家へ行きますよ」と相州北条時房さんに伝えました。お使いは助教中原師員だそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

27巻 寛喜二年(1230)正月大七日庚午

空は晴れです。将軍頼経様は竹御所へ行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

27巻 寛喜二年(1230)正月大四日丁卯

晴れです。将軍頼経様(13歳)のお出かけ始めです。武州北条泰時さんの屋敷へお入りです。午前十時頃に出発〔狩衣に牛車〕。お供の人々は何時もの通りです。越後守北条次郎朝時・駿河守北条三郎重時・壱岐前司・出羽前司中条家長・周防前司中原親実などがお供しました。午後六時頃のお帰りに時刻になって、引き出物を献上しました。刀は大炊助北条六郎有時が持ってきました。砂金〔色とりどりの薄手の和紙で包み銀の銀の敷物に置く〕は、陸奥北条四郎政村さん。鷲の羽を納めた箱(羽櫃)〔蒔絵〕は、左近大夫将監大江佐房です。
一頭目の馬〔蒔絵の鞍を置き、全体に房飾りをつける〕は、越後太郎北条光時さんと尾藤太郎景氏。
二頭目の馬〔銀造りの鞍を置く〕は、陸奥北条五郎実泰さんと平三郎左衛門尉盛綱が引いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

27巻 寛喜二年(1230)正月大三日丙寅

晴れです。夜中に雪が降りました。午後十時頃、御所の南の淡路前司長沼宗政の家で失火。よそへの類焼はありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

27巻 寛喜二年(1230)正月大一日甲子

空は晴れです。夜になって雪が降る〔6cmも積もった〕。今日の将軍への御馳走のふるまいは例年通りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

27巻 寛喜元年(1229)十二月小二十九日癸亥

来年の箱根・伊豆の二権現様へのお参りについて、尚も検討が重ねられました。ご本人が行くべきか代参で済まそうかのいずれかです。ついに代参でよいとお決めになりましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

27巻 寛喜元年(1229)十二月小二十七日辛酉

一晩中雪が降ってました。泰時さんのお屋敷で、将軍頼経様の来春の箱根・伊豆の二権現様へのお参りについて検討がありました。信濃民部大夫入道行然二階堂行盛が担当しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

27巻 寛喜元年(1229)十二月小二十六日庚申

地震を治めるためお祈りを始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

27巻 寛喜元年(1229)十二月小二十五日己未

今夜、岩屋不動堂の南で火事がありました。風が強くて火の粉が飛び、若宮大路や甘縄の民家まで焼けたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

27巻 寛喜元年(1229)十二月小二十一日乙卯

異変があるので、お祈りを始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

27巻 寛喜元年(1229)十二月小十九日壬丑

午後十時頃、大地震です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

27巻 寛喜元年(1229)十二月小十七日辛亥

泰時さんは、お手紙を舞楽の名人右近将監多好方に送りました。その理由は、お琴の秘曲を美濃沢右近次郎に教え込むように云い送りましたが、良くやってくれているのでお礼を述べたのです。このいきさつは、以前は南条七郎次郎に教え込むように云い送ったのですが、お母さんの病気で帰って来てしまったので、美濃沢に変えると云い送りましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

27巻 寛喜元年(1229)十二月小十三日丁未

午前零時頃、助法印珍与の宿舎が焼けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

27巻 寛喜元年(1229)十二月小十日甲辰

晴れです。先日四日の雷のお怒りから世間を救うために、鎌倉から近い国の一の宮に幣を奉納しお祈りする代参を送りました。相模国は、駿河守北条重時。武蔵の国は武州北条泰時さんの使い。上野国は、相模五郎北条時直。安房国は、駿河前司三浦義村。上総国は、足利五郎長氏などです。それぞれ馬と刀を奉納しました。又、神殿の祈祷所で般若心経を摺り読みするように、神社の筆頭に命じました。助教中原師員と弾正忠清原季氏が担当です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

27巻 寛喜元年(1229)十二月小四日戊戌

夕べから雨が降っています。午前八時頃、雷が何度か鳴りました。その音たるや耳を驚かし、肝をつぶさせる勢いでしたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

27巻 寛喜元年(1229)十一月大三十日甲午

子刻午前零時頃に地震です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

27巻 寛喜元年(1229)十一月大二十七日辛卯

内藤判官盛時について、鎌倉幕府への出仕を停止すると、一昨年決定していました。しかし、何度も嘆きながら訴えて来たけれども、去年の八月以後、内藤盛時は喪に服すため地元にいました。禁制を破って幕府へ来ることがなかったので、今日、無罪放免になりましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

27巻 寛喜元年(1229)十一月大二十六日庚寅

晴れです。今日、右大臣実朝様追善供養の造塔の材木の切り出しです。駿河国富士郡へ命令しました。これは、先日の三日にしようとあらかじめ決めた居たのですが、三島大社の祭礼があったので、今日に延期しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

27巻 寛喜元年(1229)十一月大二十四日戊子

武州北条泰時さんが三島大社から帰ってきました。午後八時頃になって、御所へ来て、無事に幣を奉納したと報告しましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

27巻 寛喜元年(1229)十一月大二十日甲申

御所で蹴鞠の会がありましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

27巻 寛喜元年(1229)十一月大十八日壬午

武州北条泰時さんは、伊豆の三島大社へのお参りに、今朝の明け方に出発しました。これは、来る21日の祭礼のためです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

27巻 寛喜元年(1229)十一月大十七日辛巳

雨降りです。江ノ島明神からお告げがありました。江ノ島明神を崇拝している者には、稔の良い田んぼが与えられるでしょうとのことなので、皆群れを成してお参りに行きましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

27巻 寛喜元年(1229)十一月大十四日戊寅

空は晴れです。今夜の月食は皆既月食です。でも月の輪は見えません。雲に覆われているような感じです。今まで色々と皆既月食はありましたが、未だにこのような現象はなかったそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

27巻 寛喜元年(1229)十一月大三日丁卯

晴れです。天の星の運航の異常による災い除けのお祈りを行いました。
今日、武州北条泰時さんは、三島神社へお参りするための精進潔斎を始めたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »