« 27巻 安貞二年(1228)六月大二十三日甲子 | トップページ | 27巻 安貞二年(1228)六月大二十六日丁卯 »

2017年5月 4日 (木)

27巻 安貞二年(1228)六月大二十五日丙寅

曇りです。明日、田村館へ行く予定を、予め決めていましたが、家主の三浦義村に喪に服すことが起きたので、これは延期して、他へ遠足に出かけようと、お決めになりました。明日は、延長年間に清涼殿に雷が落ちた日です。それなので、以後必ず雷雨になります。さぞかし外出の妨げになるでしょうだとさ。そこで、雨が降るか降らないか占うように、藤内左衛門尉定員が文書を陰陽師に回覧しました。晴賢・泰貞・国継は雷雨は有りませんと云い、親職・晴職は雨が降ると云います。文元は、晩になって小雨が降るでしょうと云いましたとさ。

|

« 27巻 安貞二年(1228)六月大二十三日甲子 | トップページ | 27巻 安貞二年(1228)六月大二十六日丁卯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16589/70461373

この記事へのトラックバック一覧です: 27巻 安貞二年(1228)六月大二十五日丙寅:

« 27巻 安貞二年(1228)六月大二十三日甲子 | トップページ | 27巻 安貞二年(1228)六月大二十六日丁卯 »