« 27巻 安貞二年(1228)三月大三日丙子 | トップページ | 27巻 安貞二年(1228)三月大十三日丙戌 »

2017年4月 7日 (金)

27巻 安貞二年(1228)三月大九日壬午

晴れました。将軍頼経様が初めて浜へ出ました〔由比ガ浜〕。非公式に仮設見学用桟敷に入られました。お供などの道中の儀式は全てこれを省略しました。円を描いた柵の中に犬を放して、矢じりを外した引目で当てる犬追物がありました〔犬は30匹〕。駿河前司三浦義村が確認役です。
射手は、
 相模四郎朝直  三浦駿河次郎泰村
 佐々木判官三郎 城太郎安達義景
 武田六郎信長  大須賀次郎左衛門尉胤秀
 小笠原六郎時長 佐原太郎経連
 氏家太郎公長  佐々木八郎信朝
 原左衛門尉忠康 横溝六郎義行

|

« 27巻 安貞二年(1228)三月大三日丙子 | トップページ | 27巻 安貞二年(1228)三月大十三日丙戌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16589/70178278

この記事へのトラックバック一覧です: 27巻 安貞二年(1228)三月大九日壬午:

« 27巻 安貞二年(1228)三月大三日丙子 | トップページ | 27巻 安貞二年(1228)三月大十三日丙戌 »