« 脱漏 嘉祿元年(1225)十二月大二十三日己酉 | トップページ | 脱漏 嘉祿二年(1226)正月小一日丁巳 »

2016年8月31日 (水)

脱漏 嘉祿元年(1225)十二月大二十九日乙卯

晴れです。若君三寅〔数え年の八才〕の元服です。午後四時頃、二棟の御所でその式典をしました。後藤左衛門尉基綱が、今日の進行役です。予定時刻にお出ましです。二条侍従教定が介添えです。泰時さん・陸奥守足利義氏ほかが、侍の指定座に座りました。次に元服用の道具が置かれました。駿河守重時が給仕役です。周防前司中原親実と右馬助伊賀仲能が運び役です。髪を切るのと冠を載せる役は泰時です。名前は頼経。前春宮権大進藤原俊道さんが選んだのです。時房さんは23日後病気中なので、今日は出仕を見合わせましたとさ。

|

« 脱漏 嘉祿元年(1225)十二月大二十三日己酉 | トップページ | 脱漏 嘉祿二年(1226)正月小一日丁巳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16589/67267582

この記事へのトラックバック一覧です: 脱漏 嘉祿元年(1225)十二月大二十九日乙卯:

« 脱漏 嘉祿元年(1225)十二月大二十三日己酉 | トップページ | 脱漏 嘉祿二年(1226)正月小一日丁巳 »