« 第十六巻 正治二年(1200)六月大十五日己亥 | トップページ | 第十六巻 正治二年(1200)六月大十七日壬寅 »

2012年5月22日 (火)

第十六巻 正治二年(1200)六月大十六日庚子

晴れました。大江広元は、屋敷の裏山のふもとに、建物を新築しました。庭に山水を造り、立石もあり納涼の散歩の快適の場所です。それに今日、大江広元は京都から蹴鞠用のまりを送らせましたと、云ったので頼家は喜んで大江広元の家へ出かけました。まず、お酒をすすめ、演奏もありました。夕方涼しくなったら、その蹴鞠に松の枝を添えて将軍頼家様に献上しました。そこで中将頼家様は立ち上がり、蹴鞠を始めました。北条五郎時連・比企弥四郎時員・冨部五郎・肥多八郎宗直・加賀房が参加しました。今夜はお泊りです。

|

« 第十六巻 正治二年(1200)六月大十五日己亥 | トップページ | 第十六巻 正治二年(1200)六月大十七日壬寅 »

コメント

トキのペア2組が抱卵中止=1個は有精卵か−環境省
116726

投稿: トキのペア2組が抱卵中止=1個は有精卵か−環境省_337524 | 2012年5月22日 (火) 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16589/45358393

この記事へのトラックバック一覧です: 第十六巻 正治二年(1200)六月大十六日庚子:

« 第十六巻 正治二年(1200)六月大十五日己亥 | トップページ | 第十六巻 正治二年(1200)六月大十七日壬寅 »