« 第十六巻 正治元年(1199)五月小十三日甲辰 | トップページ | 第十六巻 正治元年(1199)五月小十七日戊申 »

2012年2月27日 (月)

第十六巻 正治元年(1199)五月小十六日丁未

午前二時頃に、大地震がありました。今日、三河国(愛知県)のはじかみの御厨(豊橋市仁連木町)と柱良御厨(豊橋市柱一番町)の地頭職を止めさせて、伊勢神宮へ寄付をしました。兵庫頭大江広元が指令担当をしましたとさ。

|

« 第十六巻 正治元年(1199)五月小十三日甲辰 | トップページ | 第十六巻 正治元年(1199)五月小十七日戊申 »

コメント

塾長さま 今晩は。いつもありがとうございます。今日の柱御厨は私の家から近いところです。三河の記事もちゃんと載っているんですね。大地震はどこなんでしょう?鎌倉?

投稿: ばんび | 2012年2月27日 (月) 23時07分

吾妻鏡、読んでいただきありがとうございます。
この日のように、地頭を廃止してその取り分の年貢を伊勢神宮に収めるようにしたので、地頭撤退と云う、幕府としては痛恨の仕業です。
これは、乙姫の病気が治るように伊勢神宮に助けてもらいたいからです。
医学がないので、信仰心が強かった時代の様子が分かりますね。
なお、地震ですが、何処でと書いていない場合は鎌倉で、です。

投稿: @塾長 | 2012年2月29日 (水) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16589/44278239

この記事へのトラックバック一覧です: 第十六巻 正治元年(1199)五月小十六日丁未:

« 第十六巻 正治元年(1199)五月小十三日甲辰 | トップページ | 第十六巻 正治元年(1199)五月小十七日戊申 »